陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

モハメド・アリ、真に伝説の人

    ブログ

蝶のように舞い、蜂のように刺した人生

先日モハメド・アリが74歳で亡くなった。

パーキンソン病を患ってからは表舞台から退いて、静かに闘病生活を送っていたようですが、

ボクサーとしての生き様は真に伝説の人と呼ぶに相応しい人でした。

世界ヘビー級のチャンピオンですが、

プロ転向前には1960年ローマオリンピックで金メダルと獲得しています。

ところがアリはレストランで、黒人である事を理由に入場を断られたことに腹を立て、

川に捨ててしまいます。当時はまだまだ人種差別が横行して、

アリは拍手喝采されたオリンピックの金メダルが何の価値も無いと気づいたのです。
スポンサーリンク

 

 

剥奪される金メダル

アリはプロに転向して当時史上最強のハードパンチャーと言われたソニーリストンに挑戦し、

下馬評を覆してチャンピオンとなります。

しかしベトナム戦争への懲役を拒否したことから、チャンピオンを剥奪されてしまいます。

今こそベトナム戦争はアメリカの失敗の最たるもののように語られますが、

当時黒人のアリがベトナム戦争を否定して、

平和を唱えることがどれほど危険で勇気とエネルギーのいる事であったか。

アリはアメリカ政府と保守勢力を敵にして、深刻な対立となります。

 

アリは徴兵に応じれば、ボクシングの真似事をしたり、

兵士の士気を高めるようなことを気楽にして、労せず兵役を終えることが出来たと思われます。

しかしアリは「ベトナムの人達は俺をニガーと呼ばない」と言って、

ベトナム戦争に対する如何なる参加も拒否したのです。

アリはチャンピオンを剥奪され、試合も出来なくなります。

ブランクは長期に亘り、リングに戻るまで3年半の月日を要します。

トップレベルにあるアスリートが3年半もの間試合から遠ざかると言うのは大変な事だったと思いますが、

アリの不屈の闘志が不可能を可能にしました。

強豪のケン・ノートン、ジョー・フレイジャーと死闘を戦うなどしながら、

とうとう最強のチャンピオン、37戦無敗34KOのジョージ・フォアマンと闘います。

アリは全盛期を過ぎフォアマン絶対有利と言われた試合は、

序盤からフォアマンがアリにパンチを浴びせアリは防戦一方、

ロープからロープへ追い詰められるラウンドが続きます。

世界中の誰もがアリの敗戦を覚悟して観ていた8回、

フォアマンの打ち疲れの隙を突いたアリのパンチがさく裂、

フォアマンはマットに沈みました。真に世紀の一戦は奇跡の一戦となったのです。

 

アリはリングの内外で時に尊大な言葉を吐きましたが、

宣伝だったり、自分を鼓舞する為だったり全て計算ずくでした。

その言動は世界に衝撃や感動を与えてきました。

 

アリにご苦労様ゆっくり休んでください、有り難うと言いたいです。

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - ブログ