陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

株の必勝銘柄を探せ

    株式

為替と株式の動向

このところ、為替相場は円高方向へ向かってる。

2012年の終わりに始まったアベノミクス相場からどんどんと円安に向かっていき、

昨年に今頃にはドル円で126円近くまで下落した。

日銀による異次元の金融緩和を受け、

為替も株も上昇し本格的な円安、株高の相場が続いていた。

アベノミクスへの期待から、海外の年金資金などが長期で日本株の買いを入れてきたのも要因だと思う。

オレ的には民主党政権があまりにもお粗末だったため、

日本の経済が低迷してたというのもあるんじゃないかと。

あとは、やはり悲惨な大震災からの影響もあったと思う。

自民党が政権を取り戻してから、その期待から日本株が買われ続けていたけど、

一時は「成長戦略の具体性が無い」と失望され急落し、安値を付けた。

海外の投資からも買いが様子見となった。

でも日銀、黒田が予想外の金融緩和策を打ち出し、相場は再び上放れ。

為替もドル円で126円近くまで上昇し、

日経平均株価もリーマンショック前の高値を超え2万円相場へ到達した。

 

FRBによる早期の利上げ観測の前進や後退で上下動を繰り返す相場でもあったけど、

チャートを週足で見るとそこをピークに円安へ向かってきてる。

日経平均株価のほうは、今年初めに落ち込んだ位置からは持ち直してきてるけど、勢いはあまり感じられないよねぇ。

全般的に商いが薄いように感じ、上値の重い展開になってるようだ。

消費税増税の延期は市場に織り込まれてたようだけど、

FRBによる利上げの有無でまた大きく動くだろうし、さまざまな材料によって神経質に上下する動きが続くと思う。

今の水準を切り上げていくには、やはり日銀や年金(GPIF)による公的資金の買いが重要になってくるだろう。

 

相場が下がれば必ず買い、

売ることのないこれらの存在は投資家には心強くて頼もしい。

これらが購入基準とする高ROE銘柄には常に注目しておく必要がある。

今は金融相場の様相が強いけど、銘柄の選択はやはり好業績の物を選ぶのが基本だろうね。

今来期の業績が大幅に伸びる銘柄は当然で、過去最高益を出してきてる銘柄も要チェックだ。

業績の拡大や利益成長している銘柄を見極めて押さえていこう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - 株式