陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

カクテル・シェーカーを知って使いこなそう♪

    お酒

目指せ!自宅でカクテルパーティー

みんな大好きなお酒。

カクテルも飲みやすいのが多くて、女性にも人気が高い。

カクテルの作り方を覚えて、自宅でカクテルパーティーとかしてみたら楽しいかもしれない。

 

簡単なのは、氷を入れたグラスにお酒を入れて、ジュース等で満たして混ぜる「ビルド」

水割りの作り方といえば分かりやすいと思う。

誰が作ってもあんまり差の出ない作り方。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次は、

ミキシング・グラスで作る「ステア」

これは色々とポイントがあって、なかなか難しい。

もたもたしていると、どんどん水っぽくなっていって「水割りカクテルの出来上がり」となってしまう。

こんなのを作ってしまわないためにはツールの使い方をマスターして、素早い動作が求められる。

バースプーンひとつの使い方でも味は変わってくる。

 

次は

「ブレンド」といってブレンダーを使って作る方法。

女性に人気のフローズンカクテルで登場するブレンダー。

簡単なようで実は扱いの難しい。

ポイントはブレンダーに入れる氷の大きさや量、混ぜる時間。

 

 

最後は、

バーテンダーの一番の見せ所「シェーク」

これは、ただカッコつけてやってるわけじゃない。

作る量によってシェーカーのサイズを選び、素早く混ぜて冷やすことに集中する。

バーなどで、バーテンダーをじっくり観察してみれば分かるけれど、

 

無駄のない動きでテキパキと作られていたら、

そのカクテルはきっと美味しくて満足のいくもののはず。

でも、もたついていて、ただカッコ良く見せようと大げさなパフォーマンスをしているようなら、

そのカクテルは最後まで飲まれないものかもしれない。

 

カクテルシェーカーには色々な種類があって、その用途によって変えて使われる。

一般的によく見かけるのは「O型」と言われるタイプ。

これは多くの人が使ってるだけあって、握りやすさやバランスがとてもいい。

デザインが少し変わっている「バロン」タイプというのもある。

「O型」はボディーに丸みがあるのに対して、

この「バロン」はボディーが直線的になっているから、中で氷を動かすのにちょっとしたコツがいる。

 

「ボストンシェーカー」というガラス容器とステンレスのものを二つ合わせて使うタイプのものもある。

他のシェーカーより大きなサイズだから、

香りを立たせるフレッシュフルーツを使ったカクテルを作るのに使われるのが一般的。

後はガラスやプラでできてたり、ボトルや動物の形をした物なんかもあるけれど、あまり実用的とは言えない。

最近では、ダメージ加工をしたヴィンテージタイプの物も登場している。

日本ではアンティークシェーカーのマーケットはないけれど、

海外ではオールド・シェーカーはとても人気で高価。

 

前後に振るだけの「シェーク」は、簡単そうに見えて、その技法は奥深い。

形や大きさ、素材の違いで、空気の入り方や内部での氷のぶつかりがすべて違ってくる。

気に入ったデザインの使いやすいものを見つけて、気軽にカクテルを楽しもう!

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - お酒