陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

FX取引と取引手法のレバリッジ

    株式

変化する日本の円相場

最近の日本の円相場は、110円を行ったり来たり、上がったり下がったり、

又は高くなったり安くなったりと変化をしています。

此の変化は国際的な相場のことで、

日本の円というお金が世界的に見てどのくらいの価値が有るか、という指標になるものです。

 

つまりは、円に限らず相場で流通している各国の通過というのは毎日のように変化しているのですね。

 

例えば外国に行く時には其の国の貨幣を使用しますから、日本の円と交換しなければなりません。

此れをFX、つまり貨幣を両替する、又は、交換するといいます。

此のFXというのは、海外で使用する時とは限らず日本の円と相手国の貨幣とただ単に交換するときもFXといい、

特に、ここで両替を行なうと損得勘定が発生します。

このFX取引で利得を得ようとするのがFX取引とりひきといいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本の通貨単位は当然ながら「円」というものですが、

この円というのは為替とも言い、その日によって変動するものです。

これは毎日の新聞やニュースの中でも報じられている通り日々のように変動します。

これを為替の変動と言ったり、比率といって、円と各国の通貨の比率を指します。

 

無論、その国の大事な通貨ですから、

その変動の幅というのは毎日の変化で比較すると株価やその他の金融商品のように激しく乱高下はしませんで、

普通は円の下の単位である「銭」、即ち、100分の1円単位で高・下します。

稀には円単位で1円とか2円の変化がある時もあるが、めったにはないものです。

 

さて、FXとは、つまりForeign eXchangeのことで、通貨の交換を意味します。

これは日本の場合は「円」を中心単位として、

他の国の通貨、為替と交換したり、買ったり、売ったりすることです。

つまり、その国へ旅行する時はその国の通貨と交換します。 この時の交換比率をいうわけです。

 

この時、単に交換する、即ち、円で他の国の通貨を売っったり、

買ったりする時に、元の金額に対して払い戻しすると、損したり得をしたりします、

これを為替損や為替益といって差損が発生するのです。 これを専門用語でFX取引と言っています。

 

元金の25倍?

この取引を専門に行うことにより、FX取引で儲けようというわけですが、

この取引には一つの決まりがあって、

現在日本では元金(手持ち金、保証金)の25倍の取引が出来るのです。

この手法をレバリッジ取引と言ってます。

いわゆるてこの原理がそれにあたります。

海外のFX業者であれば100倍、200倍なんていう取引も可能です。

 

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - 株式