陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

ベンチュラ最新モデル エルヴィス80

    アイテム

爆発的な消費

1950年代、それまで大恐慌と第二次世界大戦により

倹約と配給制を強いられてきたアメリカ人達の不満が大爆発した。

地球上にあるものすべてを買い占めるほどの勢いで、消費に夢中になった。

その新しく出来たマーケットに対し、広告主達は次々と新しい商品で攻撃し、

消費者達もそれに喜んで飛びついた。

家電やファッションから始まってマイホームの所有欲に繋がり、

周辺アイテムの消費もうなぎ登りになった。

衰えを知らない消費欲は自動車へ向けられていく。

 

 

スポンサーリンク

 

 

クロームを多用したり、スピードを強調するようなデザインで消費者を完全に虜にした。

50年代の終わり頃には巨大なテールフィンを持ち、そして信じられないような大きさに達していた。

そんな中、キャディラックをインダストリアルデザイナーのリチャード・アービブがデザイン。

この1959年に登場のキャディラックは最もテールフィンが巨大化していて、

テールランプや前後のバンパーはまるでジェット機を思わせるデザインになっている。

豊かで強いアメリカのシンボル的な車だった。

 

このリチャード・アービブは、1957年にハミルトン社のベンチュラもデザインしている。

世界初のエレクトリック・ウオッチとして登場したベンチュラは、

今までに無いトライアングル・フォルムを持ち時計の歴史を変えた。

エルヴィスが映画出演で使用したのは有名な話。

この時計を気に入ったエルヴィスはプライベートで沢山購入し周りにも配ったと言われている。

自身の物はレザーストラップを外し、スチールの蛇腹ブレスを付け愛用した。

このベンチュラはラインナップも豊富で、節目節目で限定モデルが登場する。

オリジナルは3針のクオーツだが、クロノタイプがあったり、ダイヤが埋められた物があったりする。

オートマチックモデルも登場して大きな話題を呼んだ事もある。

 

 

エルヴィスが使っていた蛇腹ブレスをつけて「エルビスモデル」として発売されれば、

あっという間に売り切れになりプレミア価格で取引されたりもする。

数年前には「エルビスが今デビューしていたらどんなベンチュラを選ぶだろう?」

といったコンセプトで作られた~エルヴィス生誕75周年~「ベンチュラXXL」というモデルが発売された。

 

このモデルは大胆な大型ケースを採用し、すごくカッコイイ。

腕に沿うように着けられるので大型ケースでも邪魔にならない。

で、そんなベンチュラの最新作が、この「ベンチュラElvis80」というモデル。

これもエルヴィスの生誕80年を記念したモデルになっていて、またしても素晴らしいデザイン。

レトロのように見えて近未来的というか、とにかくカッコイイ。

ラインナップは、クオーツとオートマチックの2タイプ。

そしてオレは、どっちを買うべきか決めかねている。

 

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - アイテム