陽介ベイベー

たった一度の人生をロックに駆け抜けるオレ流バイブル

これからの日本の音楽シーン

    音楽

日本の音楽シーンは死んだ?

アイドル系がもてはやされ、純粋なロックミュージックなどは、下火だ。

真面目にライブをこなして、曲作りに励んでも、なかなか陽の目をみることは少ない。

そんなふうに考えれているが、そうでもないんじゃないだろうか。

 

今現在、テレビメディアに頼らなくとも、個人でのメディア発信力は、インターネットの発達により、向上している。

お金を掛けずに、作曲も、編曲も、発表も出来る。

プロ仕様の高価なソフトを使用せずとも、無料のソフトでそれなりのクオリティのものを作れる。

また、歌を歌えなくても、歌ってくれるソフトだってある。これは、数年前にかなり流行した。

(すんげぇ違和感あるけどね・・・)

 

このように、個人が活発に制作活動を行える環境が整ったおかげで、

日本の音楽シーンは復活してきているんじゃないだろうか。

海外への発信もしやすくなり、交流も同様にしやすくなった。

元々、日本という国は、海外から注目を浴びている。

クールジャパンという言葉とともに、日本の若者のカルチャーが海外で馬鹿受けしている。

その流れにのっとり、日本の音楽もどんどん発信していくべきだ。

ちょっとでもネットで話題になれば、一気に人気者になれる。

一流のミュージシャンとの共演も可能だ。全くもって夢の話じゃない。

 

 

スポンサーリンク

 

 

YouTubeの威力

たとえば、ユーチューブという動画サイトがある。そこでユーチューバーと呼ばれる、

ユーチューブの広告収入のみで生計を立てている人たちがいる。

彼らは、自作の曲やら、歌を、動画で配信し、それで名を馳せている。

ユーチューブから最初に有名になった日本人、ヒカキンさん。

彼は、海外の超有名アーティストたちと共に、

フェスなどで共演を果たしている。よく考えたらマジですごいことだよ。

こんな感じで、今現在は、どのような形でも、有名になれるチャンスがそこら中に転がっている。

それを有効活用できるかどうかは、個人の力量に掛かっている。

 

まずは、行動を起こすことが大切だ。

行動無くしては、何も生まれない。

まずは、自分の出来ることを、自分のできる範囲から、はじめてみる。

これによって、世界は開けてくる。

そんなことを考えながら、酒を飲んでるw

オレもまた少しずつ動画も充実させていこうっと♪

シェア!して頂けると嬉しいです!

おすすめ記事

1
ドレッシングNO.1決定戦!!

サラダには何を? 皆さんはサラダには何をかけて召し上がりますか? ドレッシング? ...

2
ユニバーサルエンターテイメントの株主優待

優待目的だもん! なんだか今年に入り日経平均株価、為替共に乱高下していますね。 ...

3
打倒!!中性脂肪 血液サラサラへの道!!新たまねぎ編

なに!?中性脂肪が高い!? 先日病院の血液検査の結果をおそるおそる聞きに行ったと ...

4
二日酔い撃退の決定版はこれだ!Part1

 二日酔いとの戦い このブログをご覧のみなさんもお酒を飲む機会が年間にどれぐらい ...

5
マクドナルド話題の新作クラブハウスバーガーを食べてみました!

マックの新作には毎回興味あり! 先日、マクドナルドで販売されている期間限定商品、 ...

 - 音楽